TOP 人材採用サポート事業 成功事例紹介 取り扱い媒体 未来企画について コラム 採用情報 お問い合わせ
スタッフ紹介
今枝 里帆
本質はとっても
「クリエイティブな仕事」
営業職 入社3年
今枝 里帆
なぜこの会社を受けようと思いましたか
グラフィックデザインだけでなくイラストやキャッチコピーなど、幅広いスキルが身に付き、活かせると思ったからです。他は、印刷会社や広告代理店を併願していました。
入社の決め手はなんですか?
面接で永縄さんとお話をして、「一緒に仕事をしたら楽しそうだな」と感じたからです。また、活気ある社内の雰囲気が好印象で、入社を決めました!
入社後はだれにどのような教育を受けていますか?
決まった期間での研修はないですが、制作の水野マネージャーに勉強会を実施して頂き、広告づくりのノウハウを学びました。少しでも気になる点や不安な箇所があれば都度相談し、実際の原稿づくりを通じてアドバイスを頂いています。
周りの人の前職をわかる範囲で構いませんので教えてください。
以前から求人広告業界にいた水野さん、印刷会社にいた青井さん、事務職だった藤田さんがいます。
評価制度とインセンティブ制度について教えてください。(数字評価と行動評価の比率、評価方法、インセンティブの仕組等)
売上などの数字で結果が見えにくい制作の仕事をより可視化するために、業務を数値化した専用フォーマットがあります。それだけでなく、委員会活動での取り組みや社内コンテストでの表彰など、頑張りは目に見える形で評価・還元される工夫があると思います。
困ったときに助けてくれる人、気にかけてくれる人はいますか?
うまくいかない時、だれがどのようにフォローしてくれますか?
直属の上司である水野マネージャーは、どんな相談でも親身に聞いてくれて的確なアドバイスをくれます。原稿はもちろん、人柄や考え方など、本当に尊敬しています。制作は個人業務のように見えますが、チーム全体で協力しながら進めるお仕事ですので、常にみんなでフォローし合っていますよ。
求人広告営業にどんなイメージを持っていましたか?
(※営業ではなく制作ですが)正直、イメージも何もないまま入社しました。「どんなことするのかな~」という感じ。
実際に働いてみて何が一番大変でしたか?入社後のギャップはありましたか
思っていたよりもテキストの原稿が多く、文章を書くことに苦労しました。校閲やデータ入力的な業務もありますが、本質はとっても「クリエイティブな仕事」だと思います。
この仕事のやりがいはなんですか?どういうときに楽しい、嬉しいと感じますか?
①「今枝さんが作ってくれた原稿で、良い人が採用できたよ!」という報告を聞いた時。
②自分が考えた企画や提案が通り、実際にお客様や社会の役に立っていると実感を得た時。
③自分の頑張りが評価された時。
実際のリアルな働き方について教えてください。
週刊誌なので、ほぼ毎日締切があります。
簡単な修正やチェックなどの業務を常に並行しつつ、大きいサイズの原稿や様々なデザインワークを進めています。残業はほぼありません。
社長はどんな人ですか?普段社員の方とどんなコミュニケーションをとられていますか
社長はいつも優しいです。飲み会などでお話しすると、「ちゃんと見てくれているんだな」と感じます。話しにくさや壁などは感じたことがありません!
どんな人がこの会社で活躍すると思いますか?
自分から積極的に発信・提案できる人。現状に満足せず、常に上を目指している人。新しいことや流行・メディアに敏感な人。
うちの会社を一言で表すなら?
元気!全力!メリハリ!
うちの会社のここがスゴイ!!
私が入社してから3年弱の間でも、会社内の体制など常に流動的に変化しているように感じます。
新しいものを取り入れ続けることは大変ですが、刺激的で楽しいです。また、休みが多く残業時間の削減にも積極的なので、メリハリをつけて働けます!あと、活気があって本当に元気!この元気の良さが一番魅力的だと思います。