STAFF BLOG スタッフブログ

ホーム スタッフブログ

連日猛暑が全国的に続いてますがいかがお過ごしでしょうか。
名古屋では全国的にもトップクラスに最高気温が高く、
連日35℃を超える日が続いております。

そんな中で、飲料水の売り上げが今年の夏は特に大きいらしく
中でもポカリスエットやアクエリアスといった
スポーツドリンクもかなり売れている模様ですが、
今回はその2つの代表的な飲料についてお話を。

まずポカリスエットですがこちらはアクエリアスに比べて
糖質が高く、またナトリウムも含まれています。
こちらは水分補給の基本として「発熱や病気の際の水分補給」に
いいとされているようです。

続いてアクエリアスですがこちらは
主に「運動・スポーツなどによる発汗の際の水分補給」にいいとされ、
「肉体の疲労回復」によいそうです。

似たような飲料ですが用途や用法を考えるとより効果的かもしれませんね。
とはいっても熱中症の症状が感じられる緊急時には
こだわってる場合ではなく、どちらもあくまで参考程度に
まずは水分補給をしていくといいと思います。
また薬局などで売られている経口補給水などは
熱中症の対策としては向いておらず、通常時にのむと
まずいと感じ、むしろおいしく感じるとその時点で熱中症の状態らしいので
このあたりの勘違いは要注意です。

体調に合わせてうまく飲料水を活用したいですね。

営業部 高木です。

先週発生した大阪北部地震がまだ記憶に新しいところですが
最近、地震が多いですね。

2011年の東日本大震災、2016年の熊本地震・・・
今年5月には、私の地元長野でも震度5強の地震が発生しています。

ブラジルの預言者「ジュセリーノ」によると、
2018年6月21日に東海地方でマグニチュード10.6の
巨大地震が起きるらしいです。

結局、当日は何も起きませんでしたが
どうやら預言には2週間前後のずれがあるらしいです。

ですので、7月中旬くらいまでいつ地震が起きてもあわてないよう
準備をしておこうと思います。

今週18日の月曜日の午前に、関西の地域では
大規模な地震、震度6弱を記録する震災がありました。
被害はかなり大きく、多くの交通インフラの停止や
建物の損壊・損傷事故などが起きていました。

その中で、過去の震災から学び
あらかじめ対策をしていた関西地域の
方々の元気な姿や報告もいくつか見られましたが
今回の震災で盲点だった点として
小学生などの通学路にあるブロック塀などの
老朽化や審査基準を超えた高さの塀などが倒壊し、
小学生などに被害が及びました。

これまでの震災から
様々な建築物の耐震基準などは
細かく制定されてきたとは思いますが
ブロック塀自体の規制は甘く、今回の
ケースに至ったようです。
全国ではこれを受けて一斉にブロック塀の
点検がはじまったようですが
私たちが勤務する名古屋・東海圏では
過去から今までもずっと、いつ地震が起きても
おかしくはないといわれている地域ではあるので
今後もより一層、自分でできる対策を
整えていきたいと思います。

制作チーム

制作チーム2018.06.15

【制作部 村瀬】簡潔な日記

先日、SNSで見かけた「簡潔な日記」について日曜日から取り組んでいます。
内容は“些細なことでもいいから自分を褒める”こと。
ちなみにの昨日の私の日記は「こぼしたコーヒーをめちゃめちゃ丁寧に拭いたことが偉い!」です(笑)

普段、自分を褒めることってあまりないのではないでしょうか。
しかも、真面目に褒めると「自分を甘やかしているのでは…?」とちょっと罪悪感を覚えたりもします。

だから、ちょっと軽い感じで、些細なことを褒める。
後から見たらちょっとくすっと笑えるように。

そんな素敵な取り組みをしている方にならって、私も日曜にはじめて昨日まで5日間継続しています。
5日も継続しているなんて!えらいぞ私!
…そんな感じで、明日からも続けていこうと思います。

営業部 高木です。

先週末、HDの合同キックオフが行われました。

自分はこのキックオフのプロジェクトメンバーに選ばれ、
3か月ほど前からこの日のために準備を進めてきました。

会場の下見、音響・動画の設定、参加者への手土産の手配などなど・・・
一から携わりました。

結果大成功に終わり、参加された方にも
「楽しかったよ」
と言っていただけました。

その中で、特に感謝していることがあります。

それは、プロジェクトメンバー以外の人で
急きょ司会をお願いしたり受付をお願いしたりした方が
ポジティブに協力していただけたことです。

プロジェクトメンバーとして企画に携わっても、
関わる人たちがあってこその成功だったと改めて思います。

次回、このような機会がある時は、
自分がプロジェクトメンバーでなくても
積極的に協力していきたいと思います。

営業チーム

営業チーム2018.05.18

【営業部 神谷】税金の大切さ

新人の神谷です。

業務をしているなかで、今までよりも
多くのことが視野に入るようになってきました。
代表的なものが税金です。公共の場所などが整備されていないとき、
つい汚れている部分が目に付いてしまいますが、
こうなってしまうにもやむを得ない事情があるのだと推測しています。

自身の納税と、企業様に採用成功のお手伝いをすることで、
区を盛り上げる支援ができればよいと思います。

営業チーム

営業チーム2018.05.17

【営業部 柴田】時間について

営業部の柴田です。今年の4月より入社しました。
お客様の採用成功のために日々勉強を重ねております。

今回はとある番組で貧しい国の子どもたちを救っている
お医者さんの話が心に響いたためお話させて頂きました。

「あらゆるものは時間が形を変えた物であり、
時間を投資してできないことはほとんどない」
「人生の中で増やせないものは時間だけであり、
この時間をいかに生きるかがすごい大切」
「後悔を少なく生きるためには行動し続けること、
本質的な失敗とは行動しないこと」
以上がお医者さんが話された内容です。

現在は研修であったり、業務の取り組んだりして勉強すること
を主に時間を投資しています。この勉強がお客様の採用成功に
大きくつながると思っているため引き続き
吸収できることは積極的に行いたいです。

また、より一人でも多くのお客様の採用成功に力添えし、
喜んで頂くためにも失敗を恐れず行動量を増やしていきたいです。

日本テレビには代表的な報道番組として
「NEWS ZERO」「バンキシャ」「EVERY」の3つがあります。
この3番組は実はある1人による共通の仕掛けが実はあり、
それは「テーマカラー」がそれぞれに決められているという事です。

「NEWS ZERO」は22時以降に放送されている番組ですが
若者にもっと報道番組を見てほしい、という思いから
暗すぎず、かといって明るすぎない色合いという事で
フレッシュさも感じられるライムに近い緑色が基調として
使用されています。

「バンキシャ」は週に1度、しかも1時間だけの放送形態なので
下手をしたらまったく印象にも記憶に残らないんじゃないか、という
懸念があったのでインパクトを与え記憶にもとどめてもらえるように
強烈な黄色と黒をベースにしています。

「EVERY」は日中もとい夕方の時間帯に放送されている報道番組ですが
時間帯的にも主婦や女性層にもっと見ていただき、親近感も持たせたいという
構想もあり、番組の女性スタッフなどのも交えてフランフランといった様な
若者にも好まれる場所へ行ってショッキングピンクにも近い少し抑えた
ピンク色を基調としています。

これらのテーマカラーを定めたのは共通の1人の人物であり、
番組の方向性やターゲット層を考えて「デザイン」されたものです。
世の中にはこういった様々なデザイナーが職や場所や形を選ばず存在しています。
皆さんも気になるデザインがあったらそんなデザインの背景にも
何かが、誰かが考えている思惑や方向性があることを意識してみてはいかがでしょうか。

営業チーム

営業チーム2018.04.26

【営業部中神】主婦の働き方 

地元の友人が今月結婚をしました。

地元の市役所に勤めていましたが、先月退職し
今月から名古屋に引っ越してきて新生活を始めています。

そこで「7月からは働きはじめたい」という話を聞きました。
その理由が、お金を稼ぎたいから、というよりは
名古屋での知り合いが少ないので、知り合いや友人を増やしたいので働きたい
という理由でした。

また別の友人は、すでに結婚をしていてお子さんもいます。
お子さんは今月から幼稚園に通いはじめているそうで、
自分の時間が取れるようになったので、働き始めたい、との話でした。
働く理由は、子どもの養育費や将来のために貯金をするためだそうです。

私の友人の中でも、働く理由は様々で
フルタイムなのか短時間なのかバラバラでした。

実際の商談の場で「主婦の採用」で一括りするのではなく、
「どこに住んでいるどんな志向の主婦」まで細かく話をして
ピッタリな方の採用をお手伝いができるようにしたいと感じた出来事でした。

営業チーム

営業チーム2018.04.10

【営業部 大石】1日の大切さ

いつもお世話になります。
営業部の大石です。

最近、友人とふとした会話からあと数週間でGWと驚きました。
時の流れは早く、もう気づけば4月に突入しています。
2か月前に年が明けた感覚でした。
そこで日々の当たり前の「1日」の大切さを実感します。
仕事では何気なくお客様と話す会話でも話す内容や時間帯、
電話か訪問で接点が違えばお互いの良い方向に進む面白さがあります。
焦りすぎかもしれませんが、今年は残り8ヶ月、
仕事も私生活も成長が見えるように感謝・謙虚・誠実に生きていこうと思いました。

トップへ